早めに見えなくなると思います。
by swingpop
<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ゴスロリ
 自称女子高生の方に、メールでゴスロリでイメージするものはと聞いてみました。
 その方は、V系(ビジュアルけー)が好きなのようで、ゴスロリなのかと聞いたらゴスロリだとお答えになりました。
 そして最初の一行目の質問の答え。
 ゴスロリでイメージするものは鳥居みゆき。だそうです。
 多分、この方は世界で一人だけの鳥居みゆきをゴスロリとくっつけることができる人です。
 わたくし、つっこんでみたら、てかさー、人によってそれぞれだ、みたいな返しをされてきれられました。わたくしが悪かったのでしょうね。
 世の中には、理解しようとしてはいけない世界があるのだと、しみじみと思いました。
[PR]
by swingpop | 2008-05-31 00:19 | 日常
予感
 雨の音を聞いていたら、突然嫌な予感がしてきました。
 その予感はというとは、関東で近々地震がありそう。ってことです。
 東海大地震など、もうすでにいつ起きてはおかしくないという話はどこでも見かけますが、予感としてきたのは初めてです。この予感当たるのかどうかといわれたら、まぁ何十年周期で大きな地震は起きてるから、絶対当たる気がするのですが。
 けれど不思議なもので、予感として浮かび上がってきたら、どうしようもなく不安になってきました。
 関東というか、東京にはわたくしの微妙な友達がいます。
 どのくらい微妙かというと、去年のお盆に帰ってくる?もし予定があったら遊ぼうと声をかけたら、旅行とか色々予定があるけど決まったらまた連絡するといわれて待ったいたわたくし。しかし、お盆に入り、音沙汰なし。連絡してみると、忘れてた今旅行でもう鳥取かえんないみたいなメールが届き、そうと送ってからぷっちりの間柄です。
 何でしょう。こう書いてみると、どうでもよくなってきた。でもまぁ、この文章の最初の精神にのっとると、この人のことが心配になってきたということです。
 まぁ、うん、何だろう、人って過去が大事だねって思ってきたりしていますけど、一応、心配かな。そ、そうだよ、心配だよ!きっと、心配になるよ!
 ということで、現在わたくしの面倒くさがった結果の携帯のメモリー0件という状況を何とか打破しようと、思っているような、思っていないような。
 電気屋さんにSDカード変換のがあれば、いいなって日記でした。ミニ、マイクロ、普通のSD変換だけっていうのが、味噌な!
[PR]
by swingpop | 2008-05-25 00:04 | 日常
ひじりさん
 今日の空は皐月日和。晴れた空に、強い日差し。そして幸運なことに、ゆるく吹く冷たい風。
 今日は、わたくしの地元で聖(ひじり)祭りがありました。
 聖祭りは、いったい何を祝っているの実は知りません。聖さんと呼ばれている神社に行くので、それ関連っぽいですけど、良く知りません。
 されど、やることはわかっています。何ヶ月か前から踊りや祭囃子の練習をして、土曜、日曜と、14町内ごとにぼろぼろになって残っている屋台を引いて、行く先々で踊りを踊るお祭りです。もちろん花代はいただきます。
 そんな祭りですが、わたくしも、小学生のころは参加していました。しかしいつの間にか疎遠になり、今年も参加せずです。お祭り大好きなわたくしとしては、とても残念なことです。
 それでも、今回は気になり、そわそわしていました。それで二日目の最終日に、締めとして14町内同時に自分の町内で開かれる一斉踊りを観にいってきました。
 
 一斉踊りは、わたくしの町内ではスケーターが5.6人もいたら手狭になるような広場でやっています。
 今夜の月はとても綺麗に出ていて、昼間の五月晴れと祭りの熱気を引きずっているような夜空です。
 踊りは、浴衣を着て背に花笠を身に着けた小学生女の子や、中学生以上の大人びた浴衣を身に着けた女性がやります。髪を結い上げ踊る姿は、とても好ましいです。後ろの方で、こっそりと甚平を身につけた男性もやっていますが、主にやっているのは女性なので気にしないことにします。
 踊る人たちは総勢4,50人はいるのでしょうか。その人数で1つの踊りを舞われたら、見入ってしまいます。子供は緊張して、大人は楽しそうに踊るのがほほえましい。
 後ろの方で、制服姿のままこっそりと扇子をはためかせて踊る少女もいて、雰囲気はとても暖かかったです。
 屋台は14町内が各々持っています。他の町内では、踊りのあとの締めとして、屋台をどれだけ早く動かせるか、そしてどれだけすぐに止めることができるのかを試してんのかというくらい荒っぽいことをしているところもあります。それはそれでおもしろいので好きなのですが、わたくしはうちの町内の踊りで終わらせるのも好きです。
 和やかに進むわが町内の一斉踊りの最後は、花笠踊りでした。名前の通り、花笠を使ったやつです。踊りを見てみたら、微妙に覚えていました。でもさすがに飛び込むことはできずに、座って、勢い良く踊りの輪に飛び込んで行ったおっさんを見てくすくす笑っていました。
 わたくしも、こんなおっさんになれないでしょうか。
 二年ごとに開かれる祭りを追い、大きくなる地域の子供たちに喜び、また歳をとったのだとしみじみする。そして、あ、あの踊り懐かしいなと、自分のやったことが文化として子供たちに伝わっているのを確認してほっとする。そんな生き方です。都市で生きるのが大好きなわたくしには、無責任な思いなのですが、そんな思いを保つ生き方が素敵に思えてきました。
 一斉の踊りが終わり、閉会になると風が強くなりました。まるでそれは、風が時間を押し流して、次のひじり祭りの開幕を楽しみにしているようでした。わたくしも風と同じことを思い、次のひじり祭りの活気を頭に思い浮かべ、またわたくしの町の子供たちが、欲張りを言うとわたくしの子供たちが、花笠音頭を踊ってくれたらなと思いました。

 あと最悪のタイミングでカミングアウトすると、わたくしはロリコンです。
[PR]
by swingpop | 2008-05-19 04:26 | 日常
四川大地震
 チベット自治区近くでの地震、今現在でも被害が広がりそうですね。二次、三次と、疫病や食糧及び水不足で大変なことになりそうです。
 それで嫌な国ながらも、テレビで80何時間かぶりに救出された少女のニュースを見ました。その少女、がれきの下から出てくるとき、元気そうでした。手は落ち着きなく動いて、前髪が気になるのか髪の毛をいじっていました。足取りはしっかりしていて、手足に損傷はなさそうです。
 なんだろう、あれ。
 80何時間ぶりにがれきの下から出てきたということは、ずっと埋まっていたはずです。それなのに、なぜか小奇麗な少女は、誰の手も借りずにしっかり歩いていました。
 もしかしてなんでしょう、あれってやらせなのでは。こんなこといいたくもありませんが、68時間ぶりに救出された少女の記事についている写真と比べてしまうと、あれってやらせだったのではと、思わざるおえません。
 なんだったんろうあれ。どんな人間でも、食料がなければふらふらになるし、動かなければ体に力は入らなくなることくらいわかるのに。
 同情をさそうプロパガンダをしたいのならば、リアルさを追求しないとだめなんだよ。できないなら、救助に集中してほしい。72時間過ぎたからって、がれきの下に生きているこどもたちを病原菌扱いして消毒液をまくような救助じゃなくて。

 あー、馬鹿かって思ってたら文章まとまらなかった。


 最後に、四川大地震で報道された民族、まったく報道されていない民族、どちらの被害者にも謹んで哀悼の意をしめさせていただきます。
[PR]
by swingpop | 2008-05-17 04:32 | 日常
キャバクラにしか受けないトークしやがって
 友達とGWのはじめに飲みました。
 キャバクラでしか受けないトークしやがって。これ一応つっこみです。悪気はありません。むしろ年収トークとかボケにつながらない話題はいらないって意味です。しかしなんですね。自分でいっときながら、文章に直してみるとひどいですね。
 んで、これで何を言いたいのか。といいながらも、タイトルのインパクトが強いので出オチの気がして、状況を説明しないほうがいい気がしてきました。
 とりあえず、オチのない不幸話と年収トークは、キャバクラでやって欲しい。そう思ったわたくしでした。

 しかしこのつっこみいいな。今度誰かに言ったら、ボーイさんも笑ってくれるわって返してくれないかな。
 あ、そういえば、客とキャバクラのお姉さんが延々と微妙な話で盛り上がるって言う漫才をそのときに考えました。林家ぺーぱーより控えめなやつ。じわじわ受けると思う。
[PR]
by swingpop | 2008-05-09 04:13 | 日常
紅 醜悪祭(下) と 赤い橋のこいのぼり
 読んでびっくりしました。
 もう一言でいうとね、打ち切りかと思った。
 全部フラグが回収できてないし、なぜかアニメ第一話の脚本が後ろの方についてました。
 多分、あの作家、落としたんだと思います。お気の毒に。次回作の醜悪祭(下2)が楽しみです。


 あと、近所の土手に、河の屋根になるようにこいのぼりが飾られました。
 端と端ををロープで結んで、そこに鯉を泳がせるだけのやつです。けれど、これはこれですごい。約60匹の大小さまざまな大人だったり子供だったりする鯉が、川の上を泳ぐのはなかなか壮観です。さらにいうと、こいのぼりの一番上が、眼の高さより低いっていうのもなかなかなくておもしろいです。ずっと眺めていると、泳いでいるこいのぼりの口が、「コンドームに似てる!」って思ってしまいますけど。
 んでそんなことを考えないようにして、低く泳ぐ鯉。先が川にひっかかって泳げなかったりする鯉。わたくし、しかるべき暖房器具と椅子があれば3時間はいけそうです。お風呂につかりながらだったら、4時間は余裕です。
 どうしてあのこいのぼりがあんなにわたくしの心を掴むのか。
 こんど携帯で撮影して残しておこうと思います。あの無常観とかが入り混じった感覚をあなたに!
 
[PR]
by swingpop | 2008-05-02 02:41 | 日常