早めに見えなくなると思います。
by swingpop
<   2006年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧
大好きな大好きな
 わたくしの大好きな石田イラが面白いことになりました!

 石田衣良の白黒つけます!!中国、韓国と仲良くした方がいい?しなくてもいい?
引用
>> 今回のこたえは数字のうえでは「しなくていい」派が圧倒的だったけれど、応募しなかった多数のサイレントマジョリティを考慮にいれて決定させてもらいます。中国・韓国とは仲良くしたほうがいい。

 このエッセイの流れをチャートにすると
問題提起→問題についての感想→反対派の意見→賛成派の意見→メールでは反対派が圧倒的に多かった→でもメールしてない人に賛成派がたくさんいるのだろうから、今回はした方がいいに決定。
 こんな流れです。まぁなんといいますか。そりゃ仲が悪いよりはいいほうがいいと思います。仲良きことはすばらしきかな。相手が嫌っていようと、積極的に仲良くなりたい人は勝手にがんばったらいいと思う。でも巻き込むなよとは思うけど。
 とりあえず、ぶっちゃけ結論がどうとか、日韓関係がどうとか関係ないです。どうでもいいです。今回のすごいところはそこじゃなくて、サイレントマジョリティです。
 サイレントマジョリティ。何も言わない多数はということでしょうか。なんていいますか、これを感じ取れるのが石田イラのすごいところです。普通は、自分がしたアンケートである派が多かったら、それをできるだけ考慮して結論を出します。というか、アンケートに答えたメールを参考にして、自分で結論を出します。けれど、石田イラは一味違う。ここで、アンケート結果と自分の意見とサイレントマジョリティを加味して結論を出しました。突然謎の勢力が多数はになり、結論を左右するのです。すごいです。一生懸命アンケートに答えた人たちの立場がとても悲しいことになっています。
 これはなかなかできません。
 もちろん、エッセイなのだから、自分思った通りに書けばいいと思います。それを含めての、作家の魅力です。そう考えると、石田イラのすごさが分かってきます。この人は、人の意見と何かよくわからないものを取り入れて、自分の文章を搾り出すのです。一般人にはこれがなかなかできない。
 普通、わたくしたちのような凡夫が文章を書く場合、自分や周りであったことを総合して書きます。でもイラ様はそれプラス、頭の中のサイレントマジョリティを念頭に置いて書きます。すごいです。もしかしたら、これこそがミューズ、発想の女神なのかもしれません。つまり、イラ様の背後には、神様が付いているのです。リンゴとか、多分食いまくりです。
 それにしても、フォローしようとして、意味が分からなくなってくるのを感じます。イラ様って、キラ様じゃねえか。だとしたら、毎日新聞はデスノート?名前をうっかり自分で書いてしまっているけれど、大丈夫なのでしょうか。
 うん、もういいや。とりあえず伝えたいことはこういうことです。

 クドカンー作詞 イラ様ーエッセイ
 この関連性を答えなさいっていうIQテストを思い浮かんだけど、どうなんだろうってことです。
 どうでもよすぎて、自分でもよくわかりませんけど。
[PR]
by swingpop | 2006-10-31 19:56 | 日常
ついで
 携帯版mixiっぽいことを最近しています。色々な子と知り合えて楽しいです。個人的には、スーパードルフィー愛好家と知り合えたのがよかったです。ゴスでドール好き。おもしろい。1年貯めたお金でドールを買ったらしいのですが、とても喜んでいるのがほほえましいです。
 んでも、こういう出会いもあれば、怖い出会いもあります。
 あるとき、いきなり友達希望を出されました。どんな人だろうとプロフを見たら普通の人でした。そして、ついでに入ってるサークルを見てみると、ギャル、キャバ系の他に某宗教系のサークルに入っていました。ちょっと本気で怖かったです。逃げようかと、おもった。サークル名にギャル文字が入ったものばかりのところで急に○○党へ投票してくださいのあの宗教を信者目線で語るサークルがありました。しかも、調べてみると、この人は色々な人にそういうことをしているようです。大学などで、宗教の勧誘の隠れ蓑にサークル活動を装うという話をよく聞きます。もしかしたら、それがここで行われているのかと普通に予想できました。しかも、この人が声をかけているのは大阪に人のみです。予想が、ガチに変わっていきます。
 んで、わたくしは、友達になってもいいけれど、勧誘とかは止めてねとぶっちゃけました。そしたら、「は?」の一言だけ返ってきました。わたくしの回りくどい遠慮がちな文章が二文字で疑問文として返ってきたのです。~略~。わたくしはそう思いました。
 でもわたくしは我慢して、ちゃんと説明しました。そしたら、そう思う人がいるから困ってるんだよね。って返って来ました。そう思う人がいるというか、そうなんじゃね?って思いましたけど、それは言いませんでした。かわりに、難しい話はやめて、ちんこの話をしようぜ!って返しました。そしたら、もうメールは返って来ませんでした。どことなく悲しいような、切ないような終わりですが、わたくしは何とか危機を乗り切りました。
 
 そして今、女性名だと思っていてプロフを見たら、ニューハーフさんだったっていう人がいました。わたくは見なかったことにしようとしていたら、さっきメールが来ました。ずばりそのニューハーフさんからです。わたくしの浅い経験では、これをどう乗り切ったらいいのか分かりません。ちんこの話をしようぜ!と言ってメールを切ろうにも、今回のケースでは明らかに逆効果です。むしろ、嬉々として語られるでしょう。そして、わたくしのを聞かれるでしょう。これではメールが切れない。
 とりあえずは放置するべきなのでしょうが、わたくし的には無視が申し訳ないと思ってしまいます。しかも、わたくしはB型が苦手で、その方もずばりです。
 しかし、さっきから苦手とする理由が偏見です。けれど、わたくしはそれを理解した上で避けて通りたいです。怖いものは怖いし、欲しいのはちゃんとしたM女です。
 うん、そうだ。自分の心の狭さを理解してやっぱり放置をしよう。それか、女性器の話でもしよう。それよりいいものがあるといわれたら、退会しよう。うん、落ち着いて、おちついて逃げるんだ、わたくし。

 まぁという感じで、みなさんも出会いには気をつけてくださいね!大切なお知らせでした!
[PR]
by swingpop | 2006-10-31 02:45 | 日常
帰郷!
 鳥取駅周辺の夜八時前は、難波の朝4頃より人がいない。わたくしちゃんと覚えたよ!
 てか、改めて八時前に空いてる店が居酒屋とカラオケとお水だけってすごいと思ったよ!どこの温泉街だよ。久しぶりにへこみ笑いしたよ。
 ということで帰りました。あんまり帰って気落ちしていることはなかったので、無駄に冷たい視線で見ると、栄えてないんだなって実感します。やっぱり鳥取は夜7時以降外に出ちゃダメだね。てか、映画館の予定表みたいなのみたら、わたくしの見たかった11月3日からあるはずのデスノートがありませんでした。ありませんでしたっていうのは予定表にではなくポスターがです。まさか、ポスターまでないとは思っても見ませんでした。
 しかしそれにしても、なぜ鳥取ではまだラブ・コンとワイルドスピード3なのか。そしてなぜ木更津キャッツアイさえないのか。なぜ新作映画が手紙と7月24日のクリスマスという、ある意味大穴狙いなのか。客が来ないからフィルムを回してもらえないと知っているけれど、なぜといい続けたいです。

 デスノートのミサミサの監禁シーンをちょっと本気で見たかったです。性的な意味で。
[PR]
by swingpop | 2006-10-31 02:17 | 日常
最後のお部屋
 4年半ほどわたくしが所有していたこのお部屋とお別れです。まだ準備できていませんが、現実逃避に書いています。
 この部屋では色々なことがありました。引きこもりとか、考えてみたら7人くらいしか来ていなくて、二度目来たのが1人だけとか。感慨深いです。掃除をしてないから来るなよって言っていた自分が悪いのですけどね。
 それにしても、大阪ともあと何時間かでお別れです。とても寂しいです。あのゴミゴミとした新しい街が好きでした。鳥取とは違って、知り合いなんて誰も通らない。むしろ、誰も同じ人が通らないという衝撃的な町です。難波の2階があるほうのスタバで下を眺めていたら、御堂筋を通る人がまるで血管を通る血のように感じれて、大阪という街がいつも新しくいられる理由は単純にこれなのかと思ったりもしました。
 わたくしは街が好きです。それも、神戸とかではなく、もっと大きな街が好きです。その街その町に人格をがあるとしたら、大きな街はとてもおおらかで懐が広いです。そして、そんな街にいると、わたくしは色々なことが浮かびます。インスピレーションといって良いです。
 今日なんかは、キンキキッズの堂本剛が大人に大人になろうとせずに地位を失いかけているエッセイを思い浮かびました。むしろ、ジャニーズという大人になることを阻止するような組織についてのネタが思い浮かんでいました。近藤真彦のように、なぜかちゃんとした大人に見られない人間を例にあげつつです。ついでに、ナンシー関ならなんと言ってくれるのだろうと思いを馳せたりしていました。
 すごくどうでもいいですね。しかし、わたくしにとっては、そのインスピレーションがないと生きていけません。何かを思い浮かぶために、わたくしは生きています。思い浮かぶという息をするためにここにいます。そして、そんな空気がたくさんある大きな街を、わたくしは大好きなのです。
 けれど、もうあまり浮かばないかもしれません。鳥取はわたくしには不満の残るような街です。NYのように広くもなく、大阪のようにゴミゴミしていません。わたくしには鳥取の規模が合いません。生きていけないのです。
 かといって、それなら働けという感じですが、色々あってなんともなぁです。むしろ家に帰ることになったいきさつとか、全く説明してないので働けよっていうのは仕方ない気がします。どうしよ、黙ってたこととかあるな。うん、働けよでいいや。詳しく聞きたいなら、直接にってことで。とりあえず、色々ごめんなさい。
 まぁそんな「?」を作りつつ、街です。
 何も思い浮かばない世界でどう息を吸おうか。

 とりあえず、今日心斎橋丸善で声をかけたら暇じゃないですと返された暇そうなきれいな人がいたことを日記に書いておこうと思います。最近がんばっていますけど、全然ダメだよって報告でした。
[PR]
by swingpop | 2006-10-30 04:32 | 日常
最後の前の日
京都の美術館にいくために、昨日五時すぎまで引っ越しの準備がんばったのに、お金がたりなかった。駅までいったのに。
とりあえず、アートのおかげでアートがみれなくなった。うまくないからあの会社どうにかなればいいのに。
んで、あきらめて難波へ。それなら足りるはず。最後だしみていこう。街をちゃんとみて帰ろう。街が好きなんだし。
ちなみに、お金は鳥取につくときは百円くらいと予想。足りないかもしれないのが現実だから困ります。まぁ難波にいくなよって話ですが。
[PR]
by swingpop | 2006-10-29 13:35
思いつき
 昔から霊感が強くて、道を歩いてるだけでも幽霊が見えたりします。別に見えるから何なのかという感じで、無視しています。けれど、最近は霊感が強くなり、テレビを見ていても幽霊が見えるようになりました。テレビの中の芸能人の横や後ろ。ひどい場合はカメラの前にまで出てきてテレビに映っています。最初、わたくしはそれが珍しくておもしろがってみていました。ある芸能人には必ずあの霊がついているなとか、ニヤニヤしてみてました。しかし、ある日必ずあの霊が付いてるとか思っていた芸能人が死亡しました。死因は自殺で、突発的な衝動で死んだようでした。
 このことに、わたくしはショックを受けました。もしかしたら、あの霊は死神か悪霊かなにかだったのではないのかと思い出したのです。わたくしはそれがきっかけで、テレビを見るを控えるようになりました。うらむような顔をしてその芸能人を見ていた女の霊が、急に怖くなったのです。
 しかしわたくしも現代っ子です。ニュースも見たいし、バラエティも見たいです。なので、わたくしはせめてその欲求を我慢させるために、ネットでニュースを集めたり、おもしろい番組を我慢してみるようになりました。バラエティーだと、笑いで気が紛れますから。
 しかし、わたくしは我慢できませんでした。見たいけどみたくない。悶々としていました。でもある日気づきました。アニメならば幽霊は関係ないと。さすがに絵に幽霊なんて出てきません。出てくるとしたら、それはデフォルメされた偽者です。わたくしは、ときどきアニメをみることにしました。あまりおもしろくないのが多いけれど、ボーっとできるので大好きです。
 けれど、最近またおかしなことが起きるようになりました。アニメにも幽霊が出るのです。製作者の生霊なのか、何らかの別の関わりがあるのかわかりませんが、彼らはそこに存在します。ある時はドラえもんを睨み、またある時はアンパンマン首に巻きついています。
 ある芸能人の場合は自殺をしてしまいました。しかし、アニメキャラの場合はどうなるのでしょうか。不安です。そして、このままわたくしは見なくてもいいものを見て生きていくのでしょうか。
 そういえば、ここ数日はHPにさえ霊が見えるようになっています。元からいたのか、見え出したのかはわかりません。けれど、それは確実に存在します。
 どうか、どうかこれを読んでいる皆様、気をつけてください。睨みつける霊は、あなたをずっと見ています。
 その、睨み、つけている、オトコは、わたくしたちを、にらんで、せなかに、いつでも、はり、つこうと、して、いる、の、です。いま、だって、わたくしの、うしろの、かがみ、に、はいり、こむような、し、せんをして、いまは、あれ、いない。
[PR]
by swingpop | 2006-10-24 19:17 | 日常
なんとなく
 アキハバラ@DEEPを呼んでて、サーチエンジンにそれが更新された年代をつければ検索が言葉から出すだけの1次元ではなく、2次元になってよくなるのではないのかと思いついた。3時限にするになんだろう、広告を除いた文章量かな。これを組み合わせたら、すごくないのだろうか。今からだと遅いかもしれないけど。
 んでも、これでも信頼性はその人しだいか。まぁそれがサーチエンジンの限界かもしれませんね。誰かの真実は誰かの真実とは関係ないものですから。
 あ、文章量を入れたら、小説系が多くなるな。フィクションのたまり場が上位にきちゃうか。それを求める人にはいいんだろうけど。
 てか企業を排除するためにはどうすればいいんだろうか。アドレスで判断とかしかないかな。

 てか年代の考えは、グーグルでパスタを調べたら2001年更新のが一番上にくるのが微妙な気分になるのでいると思う。レシピとかの情報は古くなることはないけれど、更新を続けていないの今の相互にキャッチボールするネットにあわない。管理人不在は避けたい気がする。
 まぁなんというか、バランスがいるな、これは。

 とりあえずまとめてみようか。
①年代別をつける(情報源が生きているかどうかを区別するため)
②文章量で区別(タイトルとか、そういうのでもいいかも。署名とかでも)
 こんな感じかな
 あ、ネットに色とか、ソースに紛れた言葉とかで何か区別できるようになったら分別が簡単かも。企業が利用したり、アングラが深くなるだけの気がしてきたけど。
 とりあえず、特許とってないから一銭の金にもならない予感がします。

 あとついでに、曲をまとめて安く仕入れてパックにして売るって言うのをネットでやったら受けると思う。受動的な顧客は時々出てる洋楽をまとめて入れてるオムニバスを買う人の数以上いると思うから。てか、選ぶ人を有名にするだけ売れるかもしれない、これ。ラジオDJが流行らせた曲みたいなのりで、あの人が選ぶから良い曲みたいな相乗効果もあるかも。


 うん、一銭にも、本気でならないなこれは。
 後追記として、カフェと本屋もあるなら、化粧品屋とかそういう系のと組み合わせたらおもしろいとおもった。化粧をしてあげるサービスとか。資本が有り余ってる方はどうぞ。多分あってもしないだろうがな!てか、コーヒーと化粧品の匂いはあわないか?いけるのか?どうでもいいのか。
[PR]
by swingpop | 2006-10-21 05:25 | 日常
オルセー美術館展
 神戸に足を伸ばして、オルセー美術館展に行ってきました。
 最初は寝坊したから日が悪いってことでやめようかと思ったけど、なんとなくで強行してみました。
 13時前に家を出て、17時閉館の美術館へ。駅までの道のりで、パンとジュースとチケットかいました。しかしチケットをローソンで買ったんですけど、コンビニはすごいですね。当日券が2000円で、ろっぴーでも1800円くらいかと思ってたら1300円ですみました。700円の落差が一体どこから来ているのかさっぱり分かりませんでした。嬉しかったけど。
 神戸について、駅の人に周辺マップをもらって歩きます。HPには10分で着くと書いてありましたが、30分かかりました。道に迷って。初っ端から逆方向なのはさすがにひどいと思った。
 そんで、15時ごろに到着。あと2時間で閉館ってことで、時間を気にしながら鑑賞するつもりでした。解説の100円パンフと音声ガイドを使って周ります。
 今回のオルセーのは、印象派が主でした。写真や彫像もあったけど、ほぼ印象派と同年代だったり、かかわりがあったりってことでの紹介ぽいです。
 感想としては、中HITはあったけど、大HITがないのが残念でした。やっぱりわたくしは、印象派の一時代前のが好きみたいです。いい絵はたくさんあったけどね!構図とか!
 んで適当に周って、音声案内を返す終着へ。1時間ちょっとで終わったので、なんとなく残念な気分でした。もったいない。
 それにしても、神戸市立美術館。最初に1階、次に3階、そして2階で終わりっていうのが気になりました。
 歴史のありそうな美術館なので、展示品の数とかの整合でそうなったのでしょうが、なんとなく変な感じでした。多分、美術館に臨機応変さがなかったのが気になったのだと思います。
 日本の美術館では、常設してあるものでは普通人は呼べません。なので、基本的に外国の有名美術館から借りて展示します。ちょっといじわるな言い方ですが、外国から借りることを前提に経営が成り立ってるくせに、それを展示するための施設的な自由度がここには足りていないなと感じました。壁が動かせたりしたら、外国のもの展示場としての美術館としてはすごくいいのに。もちろん、そこは結構ちゃんとした建築だったので、そんなことはできないでしょう。当たり前に。だからこそ、なんかなぁー、でした。
 歴史と現実の折り合いは難しいですね。プライドとかあるでしょうしね。

 そのあとは、適当に散策しました。途中中華街を見つけたので寄ってみたら、修学旅行生っぽいのばっかりで、なんかすごかったです。てか中華街が色々と微妙でした。ゴマ団子とかを串にさして売ってるんですが、それがもう軒並みの店がしてて、そこいら中立ち食いでした。なんていうか、微妙な品のなさでした。でもゴマ団子はさめてたけどおいしかったです。からあげ串とラーメンはやめときました。あと、なぜか微妙な日本語でいらっしゃいませといってる方が2人いました。繰り返してる言葉は段々流暢になるはずだというイメージが崩れた瞬間でした。
 それからは、適当に歩いて、繁華街を見て周りました。大阪のようにゴミゴミとしてない印象でした。御堂筋とか、大阪の歩行者天国みたいなのは、狭すぎるからゴミゴミとしているのかもしれません。カスカスとまでは言いませんが、余裕を感じました。
 あと、SOLだっけ?そんな感じのとこの階段状の座るところで座ってたら一時間すぎてました。人がたくさんいるところにあるのですが、すごい落ち着いた。普通にスタバのパンプキンスパイスコーヒーを飲んで何もしてなかったのに。自分の癒しポイントががよくわかりません。

 それで、色々店を見て満足して電車に乗って帰りました。電車では、きれいなお姉さんに席を譲ったり、運よくその隣が空いて、そのお姉さんと話したりしました。その人は神戸の人で、友達に会いに京都へ行くようです。なので、三宮ー尼崎ー大阪ー色々あって京都の路線では、あまり話ができません。わたくしが大阪に着くとき、一瞬メアド交換をしようと思ったけれど、どうせ鳥取に帰るし不毛かなとも思ってしませんでした。でも、今思うとしてもよかったかもとか思います。あー、もったいない。でも仲良くなってもなぁ。
 しかしこんな後悔久しぶりです。前にノーブラで頬を赤らめてる、明らかに1人で露出プレイ中のお姉さんを見かけたことがあったのですが、あれ声をかけておけばよかったと思ったとき以来です。もったいない。あー、あれ追いかけたらよかったなぁ。自分の思考的瞬発力のなさにがっかりです。 下種の後知恵ですよほんとに。
 とりあえず今日の日記は、メアドを渡しておけばよかった。そういうことです。帰りに大阪によりなよ!案内するよ?みたいなことがなぜ出てこなかったのか。わたくしの反省会は今夜もまた続きます。オルセー美術館なんて知らない。
[PR]
by swingpop | 2006-10-17 22:28 | 日常
引越し業者
 アート引越しセンターに見積もって契約した代金が7万5000円。
 親から聞いた鳥取から大阪までの引越しでは2か3万円。

 アート引越しセンターは止めた方がいいよっていうのを口癖に生きていこうと思う。
 先に親に電話して相談すればよかったちくしょう。
[PR]
by swingpop | 2006-10-16 20:41 | 日常
ゴーストハント
 ゴーストハントっていうアニメを見ました。多分2話目です。
 感想ですが、優しくいうとイラっときました。
 わたくしが見た内容の説明です。まず校舎にたくさん人がいて、その中の誰かが除霊します。そしたらポルスターガイストが起こります。次に誰かが除霊します。またガラスが割れたりします。んで次に1人が校舎傾いてるし、地盤沈下起きてるからただの非難しようよといいます。ポルスターガイストおきます。そしてまた誰がっていうかみんな入って除霊します。またガラス割れます。そして、次週へ。
 何これ、全く進んでない。オチを期待して最後まで見てたわたくしもそりゃむかつきます。変な関西弁にイライラした分の利益が全然ない。もう校舎から出ろよって思った。崩れるから。

 とりあえずネタバレを調べてみたら、小説とかが基になってる面白いという話ということがわかりました。ネタバレは見つかりませんでした。
 もうむしろ、ネタバレをみないという抗議に出るしかないように思えました。誰かが昔やっていた、つまらない小説のラストを見ないというやつのパクリで。本当にひどかった。
 あと最後に。アレはホラーじゃないから、ホラー好きも安心してスルーしていいと思う。

 とここまで書いたけど、作ってる人に申し訳ないから、何かフォローします。えっと、見所はでも言おうか。うん、金髪のガキが使う関西弁がほら兵器とか、違うな。えっと、未来の可能性は誰にでもあるってことが、すばらしいです。
[PR]
by swingpop | 2006-10-15 02:56 | 日常