早めに見えなくなると思います。
by swingpop
謝恩会
 今日は大学最後のイベント、卒業式でした。思い出しても別に感慨深いというわけではありませんが、とりあえずがんばって早起きして行くつもりでした。つもりでした。わたくしの学校は12時40分だかに集合だったのですが、つい12時前に起きてしまいました。確か、人生三回目の卒業式遅刻です。悪気はないのになぜか遅刻してしまいました。本当に悪気はないのに。
 それで結局、控えめに見て45分くらい遅刻して、会が始まる直前に出席。着いたら友達に、「いつでもかわらんな」と言われたのが印象的でした。
 んで、式で何かよくわからないものを代表して友達が受け取ったりしたときに、急に客席の子供がぐずりだしたり、他の友達が緊張しているのかどうなのかよくわかない顔で歩いていたりしたのを見て笑いそうになりながらも式が終わりました。
 その後、場所を移し、卒業証書を受け取ったり、成績表を受け取ったりしました。成績は普通でした。単位は、124でいいのに、オーバーしてちょうど200取れていたのでにんまりでした。それで、わたくしの担当教授が最後の挨拶で軽くとちったりしながら、ホールに移りみんなで写真を撮ってさようならしました。わたくしは最後の謝恩会っていうか卒業記念パーティに出るので、色々な人と写真を撮ったりして、友達と一旦帰りました。
 んでんで、荷物を家に一度置き、高そうなホテルで卒業パーティこと謝恩会。男性は式と同じスーツですが、女性はドレスでした。場がすごく華やかでした。男尊女卑だかなんだか言われても、女性にはセクシーなドレスが必要なように思えます。
 謝恩会では、ご飯を食べたりお酒を飲んだり、友達を見つけて写真を撮ったり、ビンゴ大会したりしました。ビンゴは、最初の10くらいまで二つしか穴が開かないというなかなかの絶望ペースで終わりました。商品のわたくしの誕生日年の赤ワイン欲しかったです。ホテルマンに空けるやつ持ってこさせて、いきなり飲んでやりたかったのに!
 それで謝恩会も、やっぱり終わりが近づきました。二時間くらいだったのでしょうか。ちょっともったいない気がしました。うちの担当教授がやっぱり最後に挨拶をして、○○大学を忘れるなよ!みたいなことを言っていました。こいつは酔っているなって誰もが感じてました。
 それで、今回の本題ですが、前に日記で「春の中の子犬」みたいな人にあったとか言っていたの憶えていますか?それ人と話しました。最後のほうなので、半ばどさくさです。というか、立食で席は近かったのですが、わたくしが思い出と顔が一致しなくて途中まで気づかずにいたために、最後の方になった感じです。頭の中では探していたのに、気づかないという珍しい体験をしました。話しかけてみたら相手は気づいていたので、ちょっと申し訳なかったです。この子いやに可愛いなあとか思って見ていたわたくしの頭がちょっと失礼かつひどいです。
 その「春の中の子犬」さんとの会話は結構普通でした。あんまり話したことがない上に、周りは知らない人ばかりなので、見た目はほぼナンパでした。周りの男から怪訝な酔っ払いの視線を見てみないフリを自然とした自分ナイスでした。あと、「なんかいいことあった?」と子犬様に聞き、「別に」と話を流されていた男が微妙に不便でした。てか一日終わりらへんにそんなわけの分からないことを聞いて流されたあの方、ほんと不便でした。まぁ、わたくし個人としては、わたくしと話したことで、子犬様が急にいい顔になったとか、流してでもわたくしと話したかったとか、うぬぼれていこうと思います。
 あ、話を戻して、会話は普通でも、この子は光るなって言うのは感じました。わたくしのビンゴが10回中2なら、この方のビンゴは10中0だったようです。こんな明白なスタートダッシュの失敗を見たのは初めてです。この子の才能はすばらしい。心の中で驚嘆していました。想像できますか?1-100の間の数字が出て、マスが24つ残っています。なのに10連続で数字が出ない。確率の世界ではありえない話ではないのでしょうが、実際ついさっきした人が目の前にいるのは感動ものです。
 それで、式場を借りる時間が差し迫っていたので、とりあえずメアドと携帯アドレスを聞きました。正直、もう大学で思い残すことはその時点でなくなりました。ちょっと本気でうれしかったです。
 アドレスを聞いた後、友達と謝恩会の幹事をしていた友達に華を渡しました。白とピンクにアクセントでオレンジを加えた花束です。泣きそうになるくらい喜んでもらえたので大満足です。あとついでに、四葉のクローバも上げてみました。それは普通の笑顔でした。深く考えないでおこうと思います。
 謝恩会が終わった後は、二次会もなくトボトボ帰りました。どうせ一緒に帰る人たちとは21日にまた会うの名残惜しさはなかったです。でも最後に、言いたいことがあったのでその女友達に今まで考えていたけど口に出せなかったことを伝えました。その言葉は、「座るときは股をしめような」、ちゃんと言えて帰りました。満足です。本当に今日は満足することができた一日でした!今日はもうありませんが、またこんなに楽しい日がきてもらうために、また明日も種に水をやっていきたいです。いつか四葉のクローバーだって生えてくる日が来るのでしょうから。
[PR]
by swingpop | 2006-03-19 03:05 | 日常
<< 冬小道 おかいもの >>