早めに見えなくなると思います。
by swingpop
カテゴリ
説明
本読みシリーズ
日常
リネ
リネと日常の間
ROSE Online
以前の記事
2015年 04月
2012年 04月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
松方弘樹 二年連続マグロ一本釣り
 松方弘樹がマグロを二年連続釣り上げたそうです。死闘一時間半。コメントは、暴れん坊だった。
 このどうしようもないニュース、意外と世間の反応が薄い。何をやってんのかという感想さえ出てこない。
 なのでわたくしが説明です。このニュースの重要性をみなさんにわかってもらいたい。
 まず松方弘樹が二年連続ということは、昨年も釣り上げているこということです。確か何かの大会でだったと思います。どうですか?この忘れても支障のないニュース。
 では、なぜ忘れても支障がないのでしょうか。それは、わたくしたちが松方弘樹はマグロを一本釣りするというイメージを持っているからです。釣って当然だから、忘れてもいいのです。
 しかし実際はどうでしょうか?松方弘樹は、海の男なのでしょうか。違います。ただの芸能人です。もうちょっと細かく言うと、やくざ俳優です。どこが海の男なのでしょうか。
 たぶん、この海の男イメージは世界を釣るシリーズからでしょう。それしかテレビで見たことがないって人もいるはずです。
 そしてこのニュースの重要性。わたくしたちは年に一度も松方弘樹について考えません。しかし今回二年連続でニュースになってしまったことで、違和感を感じることになりました。
 その違和感の正体は前述したとおり、松方弘樹は海の男ではないということです。もちろん、わたくしたちはそのことを知っています。なので、わざわざニュースになった二年連続マグロ一本釣りは松方海の男イメージの強化ではなく、イメージの削除につながってしまいました。無意識の内に受け入れていた前提が崩れてしまったのです。
 それで、もし松方弘樹から海の男イメージが剥がれしまったら、わたくしたちのような若い世代は松方弘樹をどう見てしまうのでしょうか。ぶっちゃけ、わたくしは世界を釣る以外のイメージはないので、松方弘樹はただ偽海の男に成り下がりました。
 これが今回の二年連続マグロ一本釣りによる世間への影響です。松方弘樹らしさ、といったものが剥がれ落ちた悲しいニュースなのです。
 二年連続マグロ一本釣りは、松方弘樹から海の男を奪いました。もし来年三年連続マグロ一本釣りをしたというニュースがあればさらに奪われてしまうでしょう。
 それにしても海の男とは何なのか。わたくしは松方弘樹を袖にせず、常に彼と絡めて考えていきたいと思っています。
[PR]
by swingpop | 2009-11-24 05:06 | 日常
瀬戸朝香
 森繁久弥の死でナンシー関を思い出したので、瀬戸朝香について考えました。
 そうしたら、どうもまとまらない。
 瀬戸朝香といえば、その鮮烈なレビューです。夏色の永遠で、地味ながらも着実にヒットチャートを登っていました。
 わたくしは瀬戸朝香は次の曲で完璧に売れると思っていました。どんな駄目な曲でも確実にベストスリー付近にいけると。
 しかしです。その期待を裏切り、瀬戸朝香のセカンドシングルこの情熱はダイアモンドはとても残念な結果に。
 わたくしは驚きました。そして、まるでタブーになったかのように触れられなくなった瀬戸朝香に二重にびっくりしました。
 わたくしは、その驚きから抜け出せないです。もう十年は経っている今もそうです。
 どのくらい抜け出せていないのかというと、一時間くらい1stと2ndに落差があったのか、一時間くらい書いていたくらいです。読み直しても驚愕してしていなくて、あまりにひどかったです。
 しかしです。しかしですよ、あなたさま。本当にすごい落差だったんだって。あそこまで話題にならない一発屋ってなんなのでしょうか昔のヒット曲紹介の中にも確実に出てきていません。どうしてこんなにタブー視されているのか。語りたくなるのです。どうしてなのか知らないくせに。

 ということで、瀬戸朝香はあきらめました。わたくしの中で、永遠にタブー。瀬戸朝香です。
 あと、森繁久弥が死んでしまいました。ナンシー関の、私は森繁の進み具合を確認するために日本アカデミー賞を見ているを思い出します。
 そして森繁といえば、時々でる偽死亡記事。わたくしとしては、わたくしの中で進み続ける森繁久弥のために、一年ごとに森繁の偽死亡記事を書きたい所存でございます。倫理的に問題があるのが難しいところなのですが、まあ、なんとか見逃してやってほしいところです。
[PR]
by swingpop | 2009-11-18 03:52 | 説明
ついすたーつぶやき
 ついすたー上のわたくしのつぶやきをみることができるガジェットを設置しようとしたけれどできなかった。やり方がわからないって意味で。エキサイトさんどうなってんですか。
 ちなみにつぶやきは、お気に入りのコメントみたいなのを「ふぁぼる」とかいうらしいので、ふぁぼられようとがんばってます。読み返すとこいつ頭おかしいなっておもうのですが、わたくしもたまにはネットセレブになりたいのです。そしてネットコジキどもめ!とか言い放ちたいのです。
 うん。そうですね、特に意味はないです。
 つぶやいてみました。
[PR]
by swingpop | 2009-11-08 06:11 | 日常