早めに見えなくなると思います。
by swingpop
カテゴリ
説明
本読みシリーズ
日常
リネ
リネと日常の間
ROSE Online
以前の記事
2015年 04月
2012年 04月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
大型新人
 ここ何十年かで定着した芸があります。その芸は、怒鳴り喚き、人々の視線を集めるものです。ダウンタウン松本がいうように、笑いの基本が緊張の緩和であるのなら、この芸は笑いのフィールドのみで生きるものです。その芸のことを、現代ではキレ芸といいます。
 昔からのキレ芸の代表者としては、明石屋さんまでしょうか。あとはダウンタウン。ダウンタウンは、浜田がキレて突っ込みをいれるので、わかりやすいでしょう。あー。昔からのなら、夫婦漫才でどつきあってた人や、木村やすしですっけ、西川きよしの相方の、その人たちが代表になりますが、第一線じゃないので説明をわかりやすくするために除外です。
 そんなキレ芸界ですが、最近増えてきました。エンタの神様のように、わかりやすい笑いが求められるようになって、安易に受け入れられた結果ともいえますが、増えてきました。最近きれてないけど、カンニング竹山とか、消えたけど小梅太夫とか、そんなんです。漫才の世界ではキレつっこみが一般的になりすぎてるので、その辺は除外しときます。
 それで、最新のキレ芸界では、久々の大型新人が2人もきました。
1人が、小島よしお。「そんなの関係ねえ」でお馴染みの海パンです。彼は、24時間テレビの熱湯コマーシャルで、ダチョウ倶楽部の上島にギャグをぱくられて、立ち上がって抗議してみたものの上島にさばくキャパがなかったのか、わざとなのか分かりませんが無視されました。そしたら彼は、飛び上がるように熱湯風呂に入湯。そして熱湯の中で「こんなの関係ねえ」をします。すばらしい。これこそがキレ芸。凍りつくように緊張する現場に、熱湯大丈夫なのかよとつっこむ視聴者。これこそが笑いの基本、緊張の緩和の体言です。これは間違いなくほされる。
 そしてもう1人。こっちはこっちで大型です。それは沢尻エリカ。
 キレ芸界には、時々、求めてもいないのに他分野から新人が出てきます。葉月りおな、野村幸代、名前を忘れたけど占いばばあ。その人たちは、キレて見せることによって、自分の分野にとっての何かを際立たせようとします。葉月りおななら、劇団員時代、岩の縁起をしてと言われて「私は岩の役なんてしません」みたいなことを言って帰ったというエピソードのように、女優としての葉月りおなを強調されます。野村幸代、占いなら、ご意見番キャラとしての説得力でしょうか。
 そして沢尻エリカ。この人のキレ芸は、ガチです。沢尻会があるのかと聞かれると、本気でキレます。天延とか、そういうレベルでキレます。自分をどんな立場に置いた上でキレているのかは誰にもわかりません。ただわかることは、映画のプロモーションとしては最悪ということです。注目浴びることには成功ですが、誰が見たくなるのか。
 この沢尻エリカは、キレ芸として実際の意味では失格です。キレることにより注目を浴びるまでは成功しているのですが、注目を浴びた先が不機嫌な顔では、稚拙としていいようがありません。しかし、エネルギーはあります。エネルギーが半端にあるので、稚拙さが表に出てしまい、それがさらに真意から遠ざけているような気がします。今のところはプロモーションのできない女優ですから。
 それと今思い当たったのですが、沢尻エリカはお人形さんみたいと言われたいのではないのでしょうか。母親がフランス人ということから、周りの人間がフランス人形からの連想でそういってきたみたいな。そんな適当なことを思い浮かびました。そう思ってみたら、不機嫌キャラも、脚を組んでうごかないのも納得できそうです。あれは動かないこと、反応しないことに念頭を置いて最小限に動いているのか。ビジュアル系かよって感じですけど。あ、でも、香取信吾との対談はちゃんとしていたし、ただの空気が読めてないのかも。あー、稚拙だわ。
 とりあえず、キレ芸界の大型新人2人でした。一方は自分から盛り上げ、もう一方は他人から盛り立てられる。タイプは違いますが、どうせ2人ともすぐ消えるのでお見逃しなく!
[PR]
by swingpop | 2007-09-30 03:08 | 日常
ひどい映画
 これは言わないといけない。ひどい映画を観ました。
 タイトルは『ワイルドスピード東京ドリフト』これはひどい。本当にひどい。
 どこがひどいのかというと、全体の8割がひどい。後2割は、テレビから目を背けていたからわかりません。
 それで8割なんだけど、あらすじはこんな感じ。ネタバレは嫌いなのですが、これは抑止力的ないみでネタバレしたほうがいいかもしれない。
 アメリカの白人高校生が親の都合で留学。それでバッシュを手売りしてる黒人につれられてなぜかドリフト勝負。ドリフトしたことのない白人はボロ負け。この時点で馬鹿だなって思うけど、その相手もひどい。日本語がしゃべれないのに日本人役してる。そして、ハンとかいうこれ日本人の名前じゃないだろってやつに拾われて借金の集金をはじめる。それからドリフトの練習と違和感で気持ちの悪い白人、黒人、大陸系のスクール生活。屋上で喧嘩とかされても誰もドキドキしない。それから、白人が最初に負けた相手が、ハン横領してることに気づいてカーアクションの末にハン死亡。ヤクザの親分に白人が車レースに勝ったら全部チャラにしてくれって頼んでそれが通ってレース。危険なところにガードレールがない峠で下り坂レース。白人が勝って彼女も手に入って大団円。最後に、前の話の主人公とレースしようとして終わり。
 こんなのです。書いてなかったけど、主人公の父親は拳銃持ってます。意味がわからない。
 しかしなぜこんなひどい話に。キルビルのように、ありえないものを作くればよかったのに。わからないのに無理してリアルっぽく作るから気持ちが悪いんだよ。車でヒュンダイとか、低い品質で高いで有名なの日本人の誰が乗ってんだよ。あー、くさなぎか。日本人化はしらないけど。
 とりあえずひどかった。あの映画は、もうわたくしがみたからみんなみなくていいよ!
[PR]
by swingpop | 2007-09-24 00:23 | 日常
昔は
 そういえば昔は今よりSMが特権的なイメージが伴っていたということを思い出しました。ゴスロリのような、ごく一部の人たちのものっていう感じで。でもそれはわたくしのような子供からみたものだったかもしれないとも思ったり。昔はどうだったんだろう?それにはソフトマゾとかそういう用語が出てきた時期や時代背景を調べたらいい気がする。よし、気が向いたら。
[PR]
by swingpop | 2007-09-18 05:37 | 日常
久しぶりに
 どのくらい久しぶりなのかわかんないけど、本当に久しぶりに綺麗な人を見ました。
 顔とか覚えてないけど、雰囲気だけでもきれいでした。
 その人は、お店の外に飾ってあるバッグとか見てた人でした。わたくしはというと、その前を通って、目が合いすぎだろうってくらい目が合ったけど流して目的地へ。途中本屋によって、あー綺麗な人だったなぁとか思って本を5分くらい観てて、ものすごく気になってました。
 それで気になりすぎて、一旦戻ってそのお店へ。いない。この狭い鳥取駅前でどこに言ったのだろうって思って回りをキョロキョロ。全くいません。頭の中は水色のスーツを着た黒い髪の綺麗な人。バッグは白かったような、憶えていないような。
 いないのは仕方ないので、用事をすませて来た道を帰ります。行きでものぞいた別のお店に今やトラウマになっている前の女の人がいないかビクビクしたお店もまた覗きます。ちなみに似た人はいて、一瞬死のうかとおもった。帰りも後姿が似てる人がいたけど、水色スーツを探すので一生懸命でした。
 誰なんだろうあれ。本気で気になって、こんなに集中するのもなかなかないなってくらいでした。
 でも見つからなかったです。
 帰りに、アーケードから流れてくる曲が恋に落ちたよとか、あなたが必要だとか、へんな偶然にうざって思いました。運命があるのなら匂わせるんじゃなくて、直接当たってきて欲しいよ。
 そんで見つからないまま帰るのも嫌だったので、途中カフェに行ってアッサムにミルクたっぷりいれて飲みました。420円。スタバ鳥取にきてくれ。
 暗くなってきて、どうしようもなくて、1度またうろちょろきょろきょろしてみたけど、水色なんてどこにもなかったです。最初に見かけたお店にいるはずないのにまた観るとかひどいストーカー気質です。
 しかし甘いこの恋心。一目惚れかこれは?って思いつつ、明日明後日には忘れてるんだろうなこれ。あのとき迷わなければよかったのにね。
[PR]
by swingpop | 2007-09-12 00:56 | 日常
夢と見せかけて時間旅行記
 本当なら今日は、本日見た夢が伏線回収がうまくいきすぎてて起きてから自分でうなったのを書こうと思ってました。ゾウに化けた未来人が、ゾウを捕まえた私にお金を渡して本屋にまでいってその隙に未来人にとって将来的に恨みを持つ人物を殺したのとかすごかった。未来人そこまで考えてゾウに化けてるときに炊飯器を踏んだの!?という驚きは私にはもう表現しようがありません。
 でも今回は、かねてから予定していた0泊1瞬の時間旅行に行く挨拶をしたいと思います。三ヶ月前に、マイナス同士をかけるとプラスになるという単純な公式を手がかりに、もしかしてもしかするんじゃね?で始めたのがきっかけでした。それで簡単にやってみたら意外とうまくいき、結果的に過去への時間旅行が可能になりました。
 こんな気の時間旅行の目的は、好奇心です。ぶっちゃけやってみたかった。でもタイムパラドックスとか怖いので、一瞬だけいって高感度カメラで写して帰って来るという計画です。アニメのキャラクターのように旅するのは怖すぎます。コロッケを教えてあげても仕方ないですし。
 それでいい加減のような、石橋をカーボン合金に替えるように慎重なような。よくわからない計画も今夜実行です。みんなが寝静まってからです。無事に済めばいいのですが。
 とりあえず、この世界のデータは持っていこうと思います。いや、何もかわんないだろうけどね!
 それでは、もう少ししたらいってきます!お土産は期待すんなよ!

長くなりそうだから続き
[PR]
by swingpop | 2007-09-08 05:06 | 日常
世界陸上イケメン対決
 新聞のラテ欄っていうkんですっけ、ていうかテレビ欄を見てたら世界陸上のところにこんなことが書いてありました。
『イケメン対決』
 これ考えたTBS系列本気で馬鹿なんじゃないかと思いました。
 たとえば、テニス対決ならテニスで競います。野球対決なら野球で、大食い対決なら大食い。
 それを踏まえて考えると、世界陸上でイケメン対決。人生の大半を陸上にささげて顔対決。これ考えたやつは陸上競技をないがしろにしすぎです。大食いとかでは、一種の見世物として始まり、それを踏まえてギャル曽根とか、ジャイアント白田とか、ひどい名前をつけてますが、それは理解できます。見世物だから。多分やってる本人も認めているはずです。野球もプロではそうです。イチローも客本位的なコメントをしています。
 しかし、陸上はそこまで見世物にしないといけないものなのだろうでしょうか。はっきりいってここまで見世物にまで落とすと、真剣にやっている人を馬鹿にするバラエティです。イケメン対決とか、陥れて身近なものにでもしようとしてるのかこれ。どう考えても冒涜してるだけにしか見えませんが。
 てか美的勘の違いによる人種差別完璧に入った上でのイケメン対決だろこれ。そんなことを煽るようなことするのはきちがいなのか。
 あと気に入らないのが、プロ野球のように選手の権利に厳しそうなところじゃなくて、女子サッカーとかゴルフとか、選手のイメージを守る団体が弱そうなところに目をつけて好き勝手するところが気に入らない。というか気持ちが悪い。

 とりあえず、こんな感じの文章を苦情として送ろうと思ったら、うちの放送局のBSSがそんな権限があるはずないことに気づきました。それでもおおもとにを調べたら、TBSでした。あー、あの大陸よりか。センスないのもうなづけました。
 んで苦情出しました。苦情を出すメアドがみつけづらいって苦情もつけておきました。わたくし、TBSとBSSの気持ち悪さは忘れないようにしようと思いました。あと朝日的なやつも。
 
[PR]
by swingpop | 2007-09-01 03:36 | 日常