早めに見えなくなると思います。
by swingpop
カテゴリ
説明
本読みシリーズ
日常
リネ
リネと日常の間
ROSE Online
以前の記事
2015年 04月
2012年 04月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
再生紙
 こっそりパソコン新しくなりました!今回はデスクトップ!ノートパソコンってどうしてあんなに重たいのか、本気でわからなくなります。
 それで、今回プリンタも買ったのですが、ちょっと問題がありました。
 その問題というのは、年明けにあった、再生紙を100パーセント使用しているという触れ込みなのに本当はそんなに使っていなかった問題です。これは多くの企業で行われており、下手したら回収されている様子です。なので、プリンタ用紙、買えるのか?っていうのが、今回の問題です。
 それでチェックしに、今日文具屋さんへ行ってきました。2フロアを使った場所なので、鳥取では大きなところです。まぁ広さはコンビニ程度ですけど。あと、1fに恋がなぜかいます。
 んでそのでチェック!それで、ありました。ナチュラル100ってやつが。しかし、前に見たときと品揃えが一緒なので、別に回収されている感じはありません。それでお店の人に聞いてみたら、値札のところを見てくださいといわれました。そのこには古紙59パーセント使用と書いてあります。詳しく聞いてみると、そのナチュラル100、本当は再生紙100パーセント使用が売りだったようです。これは・・・!おもしろいことになってる!お店側で直されてるとか、なんて祭りのような浮き足立っている感。すげえ。応急処置で売ってるよ!
 ということで、それ買ってきました。使ってしまったので、もう一回買ってこようと思います。保 存用として。あー、これはレアだわ。よくわかんないけど、収集欲が沸いてきました。再生紙100パーセントという嘘の触れ込みをしてしまったプリンタ用紙を買う。あー、マニアックすぎて、よくわかんなすぎて、逆に楽しくなってきますね!たぶん、わたくしだけの気がするけどな!

 あと、本買いました。『狼と香辛料』ってライトノベルです。新書とかの場所にはないやつです。
 この話はの冒頭三行がすばらしいです。

 この村では、見事に実った麦穂が風に揺られることを狼が走るという。
 風に揺られる様子が、麦穂の中を狼が走っているように見えるからだ。
 また、風が強すぎて麦穂が倒れることを狼に踏まれたといい、不作のときは狼に食われたという。


 なんだこのポエムのような設定。ちょっと想像できて美しすぎる。この感性はすばらしい。空はビルが支えているっていうの同じくらいきれい。
 んでこのストーリーは、会話と商売っていう感じです。ファンタジーなのに、主だったのが商売という着目点もいい。そりゃアニメ化されるわ。心がきれいになった気がするし。
 これおすすめ。空気感が抜群です。世界観がうまく構築されている世界を歩いているような気になります。重たさもほどほどだし、これ児童文学にさえなれる。世界はこの作品にもっと目を向けるべきだ。
 うん、久しぶりにディスプレイが光る画面で日記を書いたから、なんかテンションが高くて文章が踊ってますね。一人踊りですが、情熱が篭っているの、自分的にはおもしろくてありです。
 次読むのは、宮部みゆきの『あかんべえ』か、桜庭一樹の『GOSICK』かな。うん、楽しみです。
[PR]
by swingpop | 2008-01-22 05:21 | 日常
<< リネージュ プラダを着た悪魔 >>