早めに見えなくなると思います。
by swingpop
カテゴリ
説明
本読みシリーズ
日常
リネ
リネと日常の間
ROSE Online
以前の記事
2015年 04月
2012年 04月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
いろいろ呼んでみようフェア
 片山憲太郎の紅。松本清張の点と線を読みました。片やライトノベルで、片や推理小説の名手。比べるようにして読んでみました。
 そんで紅。ライトノベルはキャラクター小説というくらい、キャラの設定が濃いです。そう考えると、線と線のキャラは比べると薄い。列車時刻表推理小説なので、プロットが大切なのでしょうが、現代とは違うのだと実感します。たかだか20年くらいの話なのでしょうが。
 それにしても、名作と言われる点と線。それでも、気づけよ!っていうつっこみを心の中でしてしまいます。ネタバレだけど、これはばれしてやりたい気分になります。2,30年前の時点での列車時刻表。察してください。あー、つっこみてえええ!
 あ、紅。あれはおもしろかったです。キャラクター小説らしい豊富なバックグラウンド。ちょっとしたぐろさ。ジャンプスクウェアでわざわざするだけのことがあります。ハーレムっぽさも、らしいといえばそうでしょうね。
 ということで、どちらとも楽しめました。点と線も、最後収集めんどくさくなったんだろお前っていう終わり方でしたけど、なかなかです。

 あと、さっき検屍官シリーズっていう海外のやつを読みました。相原真理子訳です。
 20ページに行く前に投げた。読みづらい。直訳にしか思えない。日本語してつながっていない部分がある。つながっているという前に文章の意味がわからない。
 わたくし、これはネットで叩かれていると思い、ぐぐりました。そしたら、読みやすい文章とかいわれています。え、これ自演?違うよね?
 もしかして、原文が読みにくいのかもしれません。いや、だとしてもひどいような。というかひどい。
 久しぶりに、唖然とした本でした。みなさん本選びは慎重に。
[PR]
by swingpop | 2008-01-10 02:39 | 日常
<< ネコソギラジカル上中下 今週のジャンプ >>