早めに見えなくなると思います。
by swingpop
カテゴリ
説明
本読みシリーズ
日常
リネ
リネと日常の間
ROSE Online
以前の記事
2015年 04月
2012年 04月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
宇宙線キャンディー
 宇宙線キャンディーは口の中を通り抜けるような苦い刺激が走る。その苦みは口の中を超えて、頬の表側にも、耳目にも、脳みそにも刺激が走る。

 頬に走る刺激はキス。耳目はどこかへつながり、脳みそが私に話しかける。

 宇宙線キャンディーは一瞬で溶けてなくなった。口の中では確かに堅かったのに。

 宇宙線キャンディーを私に食わせた大きな怪人が溶けるようにして、ただの人になった。あんなに大きかった船外服は余り、指先の手袋にも手が半分しか届いていない。何より、頭にあった地球のかぶりものがなくなっている。

 そしてその逆、私の身体にも変化が起きた。手足は伸びて太くなり、顔が膨らんで窮屈だ。チャイムが鳴ってスペースシャトルの玄関で出迎えたから船外服を着ていたが、このままだと顔が抜けなくなってしまう。

 私は焦っていた。突然一人きりのスペースシャトルに訪ねてきた怪人に暴力で脅されて宇宙線キャンディーを食べさせられただけでなく、私が怪人になっていたのだ。そんな状況で私に宇宙線キャンディーを渡した怪人突然襲ってきたのだ。手加減できるはずがない。

 襲ってくる男を拒否するように手を伸ばす。それだけで腕が男の船外服ごと貫いた。殺してしまった。男は私を憎む顔をしている。

 男を船外へ放り出し、男のスペースシャトルを尻目に一気に逃げた。いつの間にか、腕のダッシュボードの中にはいくつものキャンディーが入っている。

 理解していた。私は地球に呪われたのだ。

 地球は望んでいる。私を利用して北極星へ行きたいと。無茶苦茶な話だ。いくらスペースシャトルがあっても、北極星まで何百年とかかる。しかしさすがの地球、回避する方法を用意してくれた。どうやら、北極星に近づき、腕のダッシュボードに入った宇宙線キャンディーを素質のある人に食べさせたら地球が相手に移るようだ。

 地球はもうない。とっくにない。素質はきっと、地球と何かしらの関係があるかどうかなんだろう。

いつの間にか体の変化は終わっていた。頭が地球になって船外服が抜けない。北極星へなんて行けない。

 私は宇宙線キャンディーを人に食べさせる怪人になった。

 北極星に近づきながら、他のスペースシャトルを襲う。怪人の身体のおかげで、失敗して逃げるのも容易だ。それでもなかなか宇宙線キャンディーで怪人に変身してくれない。みんなすぐに消えただけで味がないと言う。

 なぜみんな宇宙線キャンディーの味がわからないのか。あの苦く刺激的な身体すら無視して広がっていくあの味を。

 また味わいたくなる。あの音を、目に映る世界を、絶世のキスを。

 腕のダッシュボードに入っている宇宙線キャンディーを口に含もうとしても、怪人となった私に口はない。

 人間に戻りたい。その気持ちが日に日に大きくなっていく。

 そして二つ目の星座を通り抜けるころ、ついに地球が宇宙線キャンディーを食べさせた相手に移った。

 私の身体が縮んで行き、相手の身体が大きくなっていく。口を意識すると、唇が動いて舌が口内を感じた。

 宇宙線キャンディーは、相手の腕のダッシュボードにある。

 私は怪人となった相手に襲い掛かった。もう一度、いや、何度も宇宙線キャンディーを味わいたい。その欲求で頭がいっぱいになった。もう、いっそ怪人から人へ戻るを繰り返し、北極星にたどり着くまで私が怪人を続ける覚悟だった。

 それなのに相手は私を拒否するように腕を出して、私の腹を貫く。

 わかった。どうして私に宇宙線キャンディーを食べさせた男が、人間に戻って私を襲ってきたのか。

 意識が薄れて行く。あの音、景色、キス、地球が私たちを愛しているという話はもう味わえない。
[PR]
# by swingpop | 2015-04-06 23:54 | 日常
なんとか・・・?
 なんとかがんばりますとは、一体なんだったのか。今年はこの謎に迫りたいと思います。
[PR]
# by swingpop | 2012-04-16 17:36 | 日常
ぐーぐる と 人形佐七
 グーグルさんの仕様がかわり、サジェスト機能が前面に押し出されるようになりました。
 わたくしとしてはそれは歓迎したいのですが、文字を入れたとき一瞬で上に移動するのに驚いて何を検索しようとするのか忘れてしまいます。今日はこのことを伝えたかったです。

 それと、夜更かしして人形佐七シリーズを読み終わりました。横溝正史著で文庫本全14巻です。
 人形佐七による捕り物短編が150くらい連なっているそうです。どの話も短編とは思えぬほどのどんでん返しで、読み応えありました。最近読んだ『連続殺人鬼カエル男』という長編より、こっちの短編のほうがどんでん返しをしていました。あの作品があれだったけかもしれませんけど。
 とりあえず、佐七です。よかった。特におもしろいのが、江戸で一番を競う小町や太夫が20人以上は死んでいることでしょうか。江戸の大火で木曽の材木をいち早く買い占めた江戸で一二を競う成金も20人くらいいた気がします。江戸で一番大人気の浮世絵師も芝居の役者も地味にたくさんいました。お江戸も大変です。
 最後にひとつ難があるとしたら、三話に一回くらい女がレイプされていることです。途中一度もレイプのない巻があり、先生がまともなったとおもったのですが、まやかしでした。横溝先生は女がおもちゃにされるの、好きすぎです。読む場合、そこを気をつけてください。わたくしは変なレイプ耐性がついてしまい、頭がおかしくなりそうです。
[PR]
# by swingpop | 2011-04-28 04:21 | 日常
一ヶ月
 もう地震から一ヶ月です。西日本の日本海側のわたくしは、変わりなく生きております。たぶん、一度も揺れていません。この一度は、震度と回数をかけてます!うまく言いました!
[PR]
# by swingpop | 2011-04-12 04:00 | 日常
地震
 わたくしの住んでいる鳥取には、何の一時被害もありませんでした。揺れにも気づかず、都会に地震があったときにツイッターで地震報告にのったらわたくしも都会人!そう思う程度でした。
 しかしニュースでは見たことのない黒い津波が畑を覆い映像が流れました。火災した家を乗せて人を飲み込む黒い津波です。地方都市の端っこ、まるで鳥取にあってもおかしくない場所が見る見るうちに瓦礫にまとめられていきます。
 不安になりました。被害もなく、津波も届かない山陰で不安になりました。
 それで考えました。被害を受けていないのに、心をやられてしまった人をなんとかしようと。

 まず、お手元のPCのマイピクチャをご覧ください。そこにあなた様が好きで集めた画像ばかりあり、心が落ち着きます。
 音楽プレイヤーをご覧ください。そこにはあなた様が好きな歌手の歌が24時間を越える量あります。
 積んだままのアニメやゲーム、本をご覧ください。まだ見ぬ感動があります。
 冷蔵庫をご覧ください。あなた様がダイエットのために我慢している甘いものがあるはずです。食べましょう。
 お風呂周りには、いつか使おうとしていた入浴剤。
 大好きなお酒、それに医者からもらったけど、抵抗があって全部飲まなかった精神安定剤もありませんか?
 できる限りのことをしましょう。そして日常を続けましょう。被害のないわたくしたちは、日常の象徴です。被災の絶望から戻ってくる人たちのために、日常を守るのがわたくしたちの役割です。
 カラオケに行きましょう。好きな歌手のアルバムの曲順に歌いましょう。
 病めることなく、日常を続けましょう。
[PR]
# by swingpop | 2011-03-12 03:23 | 日常
うん
 更新だけしておこう。そういう魂胆です。
[PR]
# by swingpop | 2011-01-28 15:58 | 日常
M1
 M1のスリムクラブさんがすばらしかった。

 M1の会場では、一言目には緊張しているという言葉が出てきます。そして優勝したら一転スターということもあいまって、会場の演者からテレビを見ている人間まで、多くの人間に緊張を強いていました。
 笑いはカントも言っていましたが、緊張の緩和から生まれるものです。M1の緊張を強いる舞台は、ある意味笑いにはもってこいでした。
 しかし、この舞台を有効に使い、緊張を崩したのはスリムクラブだけでした。彼らは緊張を見事に逆手にとって、大きな間を使って緊張を崩したのです
 わたくしはやられてやっと気づきました。M1は誰が一番うまく緊張を壊せるかの大会だったのです。
 皮肉なのか幸運なのか、最後のM1の大会にスリムクラブは現れました。M1は最後の大会にして、やっと理解者とめぐり合えたのです。

 優勝は笑い飯でした。おもしろかったですし、温情もございます。しかし、M1に一番ふさわしかったのはスリムクラブだった、わたくしはそう確信します。
[PR]
# by swingpop | 2010-12-27 03:54 | 日常
うそばなし
 ストレスをかんじて、そのはけ口を嘘話に求めてしまったわたくしのお話。

はけ口
[PR]
# by swingpop | 2010-12-12 01:19 | 日常
意味のない怖い話
 意味のない話を書きたかったというより、浮かんだから書いただけというテンション。

石を食う女
[PR]
# by swingpop | 2010-10-25 03:15 | 日常
ナンシー関ごっこ
 TBSオールスター感謝祭がまたやっていた。半年に一度の恒例になり、もう誰も多くのものを求めていない番組だろう。
 しかし、今回はどうもそれでは足りないようだった。なんと、出場者にスマップの草薙が出たのだ。スマップといえば、スターといえる、が、なぜ草薙をチョイスしたのか。番組の格をあげるために、ゲストを豪華にするのは常套手段だ。効果的で、何も考えなくても良い。それでも、草薙という選択はどうであろうか。微妙だろ。
 その上、200人の出演者の目玉に草薙をおいた結果、上から下の幅が意外と狭いことを人に意識させてしまった。この番組は、「なにかすごい」という感覚を与えることで成功してきた。金メダリストのマラソンやTBSのドラマの主演女優、そういったもので豪華さを出してきた。最近では、海外のパフォーマーを呼んでいる。金をかけてすばらしい、しかしどうも底が集まりすぎている。
 底の足のひっぱり。そう考えると、草薙は犠牲者とも言える。付き合わされてお気の毒に。クイズの結果もふるわず、どうしているのか分からない人間になったりもしていた。
 そして優勝者岡江久美子。いわずと知れたはなまる主婦だ。毎年感謝祭では上位に位置しているが、いかせんうまく納得できない。番組が求めていると予測される豪華さとマッチしていないからだろう。
 わたくしが思うに、この番組オールスターの追求は永遠に終わらない。なぜなら、メインのクイズにスターがいないからだ。二年連続優勝、三年連続二位など、ストーリーがない。小ネタを豪華にしたところで、大ネタが手付かずの原っぱ現状では感動がない。誰でも優勝できるが、誰が優勝しても納得できない。優勝するべきスターがいないのだ。
 司会の島田伸介はヘキサゴンを初め、クイズ番組を多く扱ってきた。しかしクイズ以外の番外を豪華にして、クイズで感動させることに手付かずのまま。
 この番組はいつ気づくのだろうか。いまだに優勝者が誰も泣いてないということを。
 まあわたくしは泣かれてもしらけるのだろうが。


 そんなナンシー関ごっこでした!歴代優勝者が泣いているかいないか、知りません!けれど、あの番組はオチがないので、いい加減にしてほしいです。
 まあ解決策とか、ヘキサゴンの誰かピックアップしてクイズの勉強させて、ボケとしての将来を潰して優勝させるしか思い浮かばないけど!
[PR]
# by swingpop | 2010-10-03 03:33 | 日常